吸気系

吸気系

吸気系とは

エンジン本体に燃料を送る装置のことをまとめて吸気系と言います。
主な部品としては

  • インテークマニーホールド:内燃機関の燃焼室に混合気を導入するための多岐管。
  • キャブレター:機械式にガソリンを霧状にして燃えやすい状態を作り、空気と混ぜる部品。
  • インジェクション:コンピューター制御してガソリンを霧状にして燃えやすい状態を作り、空気と混ぜる部品。
  • エアーエレメント:エアーエレメントはエアークリーナーBOXの中にあり、空気を吸うときに異物をキャッチする部品
  • リードバルブ:2ストロークに使用されている、ワンウェイバルブの一種であり、薄く弾力のある板の一端を固定して一方向のみに開く構造としたバルブ。

などが有ります。
上記のキャブレター>とインジェクションは良く似た仕事をしますが、キャブレターの方が色々なセッティングが行いやすいです。
当店ではノーマルのキャブレターのオーバーホールや調整は勿論、ビッグキャブやレーシングキャブのセッティングを行っております。
インジェクション車のマップの書き換えなどのセッティングもお気軽にご相談下さい。
エンジンの特性が変更になると必ず行わなくてはいけない物です。
エンジンの状態により吸気系セッティングだけでは上手くいかない場合は、エンジンの中の部品が消耗していると考えられます。
そのような場合はエンジンのオーバーホールが必要です。

吸気系チューニング

バイクのチューニングをしていると、吸気系のチューニングが気になります。
もっとパワーやトルクが欲しい時にはお勧めのチューニングです

キャブレターの場合

  • ビッグキャブレター等に交換:口径の大きなキャブレターを使用することにより、トルクやパワーを上げる方法
  • ノーマルキャブレター使用:ノーマルを使用してジェッティングによるトルクやパワーを上げる方法
ビッグキャブレター等に交換

小排気量のバイクで吸気系チューニングでよく使用するのが大口径のキャブレターに交換する方法です。
沢山の混合気を燃焼室に送り込むことによりパワーアップやトルクアップを行うことができます。
中型・大型バイクでもCR・FCR・TMRなどといったレーシングキャブが人気あります。
バイクや気候に合わせてセッティングが必須になってきます。

ノーマルキャブレターを使用の場合

メインジェット・スロージェット等を交換してチューニングを行います。

  • 排気系チューニング
  • 社外品のエアークリーナー
  • ファンネル

等に変更をしたときには必ず必要になってきます。

フューエルインジェクション (FI)の場合

フューエルインジェクションの場合はマップの書き換えや、フューエルコントローラー等を使用してトルクやパワーを上げる方法があります。
フューエルコントローラーの場合はコントローラーのボタンを押して燃調を変更できます。
マップの書き換えの場合はパソコンを使用して燃調のグラフを書き換え調整ができます

キャブレターもフューエルインジェクションも、ベストにしようとすると公道ではかなり危険です。 吸気系のセッティングは当店にお任せいただければ納得いくまでセッティング致します。 吸気系だけでも良いのですが、排気系もしっかり排気できるようにチューニングして、トータルバランスをお勧めします。 車種や仕様によりチューニング内容が異なりますので、お気軽にご来店ください。

キャブレターオーバーホール

キャブレターオーバーホールとは

オーバーホール:機械製品を部品単位まで分解して洗浄や掃除をして、再度組み立てて新品時の性能に戻したり近づけたりする作業のことを言います。
キャブレターのオーバーホール(O/H)とは本来Oリングなどのゴム製品もすべて交換することを言います。
当店ではキャブレターO/Hという場合は基本的にはガスケット及びOリングまで交換致します。
破れていたり、切れていたりする部品はすべて新品に交換となります。
下記の価格は、キャブレターO/Hの価格で、エアークリーナー,カウルなどの部品脱着が必要な場合は別途料金が必要となります。

下記の価格+消費税が別途必要 (税別)

車輌より脱着

~125CC ミニバイク 126cc~ 軽二輪,小型二輪 126cc~ビッグバイク
ミッション車 スクーター ビッグスクーター シングル ツイン マルチ
¥8,500~ ¥15,000~ ¥11,000~ ¥14,000~ ¥19,000~

キャブレター単体

~125CC ミニバイク 126cc~ 軽二輪,小型二輪 126cc~ビッグバイク
ミッション車 スクーター ビッグスクーター シングル ツイン マルチ
¥7,000~ ¥10,000~ ¥10,000~ ¥12,000~ ¥15,000~

”車輌より脱着”の場合、エンジンが掛かかり一般走行出来るところまでは行います。
それ以降のセッティングが必要な場合は, Tab Menuの セッティングをご覧ください。

セッティング

キャブレターセッティングについて

キャブレターのセッティングは、標高や気温・湿度によって異なり、その時のエンジンの状態にもよります。
走行にはライダーの好みやサスペンションなどの仕様にも関係があります。
キャブセッティングでよく使う言葉は濃い・薄いという言葉があります。
点検の行い方はいろいろありますが、一般的には点火プラグを見ることが多いです。
キャブの音や乗った感じで濃い・薄いが解るのは、かなり経験と知識が必要です。
基本的にはミニバイクからリッターバイクまで同じ法方です。
迷ったり、困ったらノーマル(基本)に戻してください。基本が決まってない場合は今までに一番良かったところに戻します。
雨降りや湿度の高い日は作業が行えません。
キャブレターセッティングには数日かかることが多く、バイクをしばらくお預りすることが前提です

ノーマルキャブ・ビッグキャブ

下記の価格+消費税が別途必要 (税別)

~125CC ミニバイク 126cc~ 軽二輪,小型二輪 126cc~ビッグバイク
ミッション車 スクーター ビッグスクーター シングル ツイン マルチ
¥15,000~ ¥18,000~ ¥16,000~ ¥20,000~ ¥24,000~
  • パワーチェックは別途料金となります
  • キャブレターを本体を交換時には別途料金が必要です。
  • セッティングパーツは別途必要

レース用エンジンや250cci以上のバイクで公道でキャブセッィングを行うのには、大変危険です。
FCR・CR・TMR・PWK・PEなどのレーシングキャブの初回セッティングは下記のパワーチェック込みをご利用ください。
キャブセッティングで迷った時は遠慮なくご相談下さい。
上記の価格は基本料金です。車種や仕様により価格が異なります。

パワーチェック込みの場合

FCR・CR・TMR・PWK・PEなどのレーシングキャブ初回セッティングにはお勧めです。
下記の価格+消費税が別途必要 (税別)

~125CC ミニバイク 126cc~ 軽二輪,小型二輪 126cc~ビッグバイク
ミッション車 スクーター ビッグスクーター シングル ツイン マルチ
¥63,000~

当店ではFCR/CR/TMR等のレーシングキャブのセッティングも行っております。
当店が指定させて頂いている機材の揃った工場にて、お客様のバイクのキャブセッティングを行っております。
レース用エンジンや250cci以上のバイクで公道でキャブセッィングを行うのには、大変危険です。
そんな時は、遠慮なく当店にお任せ下さい。
セッティング前・後のパワーチェック込みの価格です。
セッティングに必要なセッティングパーツは別途必要となります。

フューエルインジェクション (FI) セッティング

下記の価格+消費税が別途必要 (税別)

~125CC ミニバイク 126cc~ 軽二輪,小型二輪 126cc~ビッグバイク
ミッション車 スクーター ビッグスクーター シングル ツイン マルチ
¥63,000~

当店では吸気系のフューエルインジェクション (FI) のセッティングも行っております。
レース用エンジンや250cci以上のバイクで公道でキャブセッィングを行うのには、大変危険です。
フューエルインジェクション (FI) のセッティングはパソコンにてマップの書き換えが必要です。。
そんな時は、遠慮なく当店にお任せ下さい。
当店が指定させて頂いている機材の揃った工場にて、パワーチェックも込みで行うことができます。
セッティングに必要なセッティングパーツは別途必要となります。

パワーチェック

パワーチェックとは

キャブセッティングに行き詰った時やエンジンのピークを知るなどに有効なのがパワーチェックです。
実際どのくらいパワーが出てるのか、混合気の濃い・薄いがグラフで出てきますので改善点などがわかり易くなると思います。
当店が指定させて頂いている機材の揃った工場にて、パワーチェックを行うことができます。
輸送費用込みの価格となっております。是非、セッティングのデーター取りにいかがですか?

下記の価格+消費税が別途必要 (税別)

~125CC ミニバイク 126cc~ 軽二輪,小型二輪 126cc~ビッグバイク
ミッション車 スクーター ビッグスクーター シングル ツイン マルチ
¥14,000~ ¥16,000~ ¥18,000~

パワーチェックを行うものでセッティングは行いません!
セッティングが必要な場合は、別途セッティング代が必要です。

名称・役割

名称&役割について

キャブセッティングをするにあたり各部品の名称&役割を知らないと始まりません。
例えば『#100』と表記されている場合は100番と読みます。
ジェットを大きくすることを番手(番数)を上げる、小さくすることを番手(番数)を下げるといいます。
大きく分けて下記部品があります。

  1. メインジェット (MJ):アクセル全開付近の燃料の量を決めます。 数字が大きくなれば濃くなり、小さくなるとと薄くなります。
  2. スロージェット (SJ) 叉はパイロットジェット (PJ):アイドリング付近の燃調を決めます。
    原付は固定式になっていて変更できないキャブもあります。原付二種以上のバイクや社外品キャブには交換可能です。 数字が大きくなれば濃くなり、小さくなるとと薄くなります。
  3. エアースクリュー (AS):アクセル全閉付近の燃調を決めます。
    ASと言いうことで混合気の空気の量を調節するスクリューです。
    ASを締めるとアイドリング付近の燃調が濃くなり、緩めると薄くなります。
    一般に、全閉の状態から1回転半戻しが標準とされます。
    これを3回転戻しても混合気が濃い場合にはスロー(パイロット)ジェット番数を下げます。反対に、全閉~1/2(半)回転戻しでも薄いときにはスロー(パイロット)ジェットの番数を上げて調整します。
  4. パイロットスクリュー (PS):アクセル全閉付近の燃調を決めます。
    ASと同じような働きをするのですが、こちらはパイロットスクリューだけに燃料の量を調整するスクリューです。
    PSを締めるとアイドリング付近の燃調が薄くなり、緩めると濃くなります。
    一般に、全閉の状態から1回転半戻しが標準とされます。
    これを3回転戻しても混合気が濃い場合にはPJ番数を上げます。反対に、全閉~1/2(半)回転戻しでも薄いときにはPJの番数を下げて調整します。
  5. ジェットニードル (NJ):アクセル中開度付近の燃調を決めます。
    JNのセッティングは殆どの場合クリップ位置の変更の事を行います。
    本来はこのジェットニードル自体にも番数があって、テーパー(針の鋭さ、角度)などの違いにより燃調を変化させルことができます。
    JNの番手を言い出すと上級者向けのレベルです。
    JNの溝の段数をクリップで変えることくらいです。
    クリップの位置はクリップを上に付けると燃調が薄くなり、逆に下に付けると燃料が濃くなります。

濃い症状や薄い症状をエンジン音や体感でわかるにはかなりの数をこなさないとできません。
一般的には点火プラグを見ることが多いです。
最初はみんな初心者なのでわからないことはMCKまでお尋ね下さい。
各メーカーのキャブレター部品も販売・取付け・交換・O/Hなどをしております。

営業時間

« May 2019 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311

today Today

平日 10 : 30~20 : 00
日曜・祝日 13 : 00~18 : 00

定休日 第2,4 日曜日

自動車保険

東京海上日動火災

営業時間

« May 2019 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311

today Today

平日 10 : 30~20 : 00
日曜・祝日 13 : 00~18 : 00

定休日 第2,4 日曜日

WEB SHOP

WEB SHOPはコチラから

Battery・Tire・各種パーツ
各種Chemical・OIL
等がWEB SHOPより!

auction

ヤフオク

入手困難なレアパーツやused部品を中心に販売中!

M C K SP Machine

WEB SHOP

WEB SHOPはコチラから

Battery・Tire・各種パーツ
各種Chemical・OIL
等がWEB SHOPより!

auction

ヤフオク

入手困難なレアパーツやused部品を中心に販売中!