点検整備について

点検には、大きく分けて "日常点検と法定点検 (定期点検)" があります。

日常点検

工具を使う事なく点検ができる整備
灯火装置•制御装置•原動機・緩衝装置・走行装置etcの作動確認

法定点検

点検項目が多く専門知識や技術が必要ですので、ショップの整備士さんに依頼するのがオススメです。
12ヶ月点検は33項目, 24ヶ月点検は12ヶ月点検の項目に追加して52項目の点検を行います。
車検の必要がない249cc以下のバイクも含めて、全てのバイクに実施する義務となります。
250cc超のバイクの法定24ヶ月点検は、2年ごとの車検と合わせて行われます。

車検と整備は別物

意外と知られていないのが車検合格したら整備も大丈夫といった "車検=整備"といったイメージを持たれている方が結構おられます!
車検と整備は異なるものですので別のものになります。

車検は保安基準に適合しているかを検査

車検は、バイクの状態が "国が定める保安基準に適合している" かを確認するための検査です。
車検を通して有効な自動車検査証(車検証)の交付を受けなければ、バイクを公道で使用してはいけないと法令で定められています。
車検証の有効期間はバイクは一律です。
新車登録時から3年、以後は2年ごとに継続検査!
車の場合は種類や使用用途ごとに異なりす。

整備はバイクを良い状態で維持する

整備とは、良好な車両状態を維持するために実施するメンテナンスのこと!
上記に述べたような日常点検と法定点検(定期点検)があります。